スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化!!

 <2014.02.01>






久しぶりの更新となります。

体調が優れず病院通いの sel928 です。




今回は、前回蛹化をお知らせした個体が羽化しましたので報告します。


羽化が始まったのは時計が2月1日に切り替わった頃だと思います。

私が確認したのがAM1時を過ぎた頃でした。

菌糸瓶の外側からの目視でしたがすでに上肢が伸び切り頭が折れた状態だと思います。


2月1日 AM1時過ぎ頃

羽化確認

羽化確認1


夜も遅かったので蓋を明けての確認は控えました。

明日の楽しみの為にも!!

ただ無事完品羽化を祈って布団に入ったわけですが・・・

明日は仕事が休みと言う事もあって

実際のところ、眠ったのは朝方で「信長の野望 烈風伝」をやってました。


目が覚めたのは12時過ぎで身支度を済ませ、いざ羽化確認!!

蓋を明けての確認を始めました。


蓋を明けた瞬間!!朽木ハエが・・・(;;

菌糸の劣化がかなり進んでいました。

では写真を・・・


羽化確認2

羽化確認3

羽化確認4


取り合えず目視上「完品羽化」と言って良いと思います。

後は固まる過程でお尻が収まれば何の問題もないと思います。



固まって計測して見ない事には何とも言えませんが・・・

見た感じ長さは出ていない様に感じます。77mm前後かな~ (><

私の飼育している血統の影響なのか・・・

長さではなく幅が出る個体が多いです。


究極の目標は、長さもあり幅もあるなんですがね (^^





今月中旬から徐々に温室の温度を下げ始めます。(現在23度)

本格的に蛹化促進を始める季節になりました。

また、今年度のブリードの準備も進めないと・・・

近いうちに「種親」の紹介も報告したいと思います。





sel928 でした。



スポンサーサイト

まさかの・・・

<2013.11.17>





3連投になりました。

本日の菌糸瓶交換は2本です。

しかし、その内の1本が・・・まさかの 「蛹」 になっていようとは!!

考えも及びませんでした (><

では写真を・・・


蛹化

蛹化1

♂蛹 16.4g


このラインは 「極太赤目」 を目標に今年から始めました。

川西産RR74.8mm×selアコ47.5mm

2013.06.01 割り出し

2013.06.01 200CC投入

2013.07.10 1400CC 10.3g

2013.11.17 蛹確認 16.4g


約5ヶ月での 「蛹化」 ですね (^^;

蛹の重さから逆算すると、幼虫体重は21~22gくらいだったのではないでしょうか?

それにしても 「早すぎ」 の一言ですね。




残りの1本は、上記同ラインです。


RR×selアコ ♂23.6g




本日の菌糸瓶交換結果でした。






sel928

色々と・・・Ⅱ

 <2013.04.07>





は満開に近づきました。

昨日、今日と見頃のはずなのに・・・天気が芳しくありません。

残念!!



今日は前回報告したスマトラヒラタ蛹の、人口蛹室へのお引越しと

「超阿古谷E血統」 の羽化。 「能勢YG」 の蛹化などを報告して行きたいとおもいます。




まずは、スマトラヒラタ蛹のお引越しから


量りスマトラヒラタ♂蛹32g


スマトラヒラタ蛹の体重は32gでした。

スマトラヒラタは過去に人口蛹室に移動した事がないので・・・

この重さが大きいのか?小さいのか?分かりません。

蛹の状態は良好で、不全は無さそうです。


スマトラヒラタ人口蛹室


人口蛹室の入ったプラケに移動して完了です。



続いて・・・

3月にお伝えしていた 「超阿古谷E血統」 が本日羽化しました。

まだ内羽も格納しきってない状態なので、写真を1枚だけ・・・


超阿古谷E血統♂羽化


写真で見る限り不全は無さそうです。

あるていど固まりましたら、また報告します。


そして最後に・・・

銚子オオクワ倶楽部様血統の 「能勢YG」 が3月24日に蛹化していました。

金曜日に人口蛹室に移動していたのですが・・・

写真を撮り忘れちゃって・・・

本日撮影しました。


銚子血統 能勢YG♂蛹


蛹の重さは19Gでした。

羽化サイズは72mm~74mmくらいかな~?

前回お伝えした久留米マツノの様な蛹から羽化への還元率は無さそうに思います。


取り合えず、銚子YG血統の第1号蛹ですので、大きさより無事完品羽化して欲しいです。





4月よりyahooオークションに出品を開始しました。

興味がありましたら、是非見て下さい。



これから梱包材などを買出しに行きながら、花見などして来ようと思います。





sel928 でした。
 

色々と・・・

 <2013.04.02>





4月に突入しました。

もちらほらと咲き始め春を感じる事が出来るようになりました。

良い季節ですね~



昨年取りの幼虫達は3~4割程度、前蛹の状態となりました。

は早期蛹化もしくは早期羽化個体を除き全ての菌糸交換が完了しました。

取り合えずこの状態で 「蛹化」 「羽化」 まで導くつもりです。



前回もお伝えした我が家唯一の外国産クワガタ 「スマトラヒラタクワガタ」の話題と

前々回に羽化報告しました 「久留米マツノ血統」 個体の計測をしまいたので報告します。



まずは・・・ 「スマトラヒラタ」 から

最後の1頭となった 「スマトラヒラタ」 の48g幼虫が3月31日に 「蛹化」 しました。

まだ蛹になって3日しかたっていませんが・・・露天掘りをしちゃいました ^^;


では写真を・・・


スマトラヒラタ♂


スマトラヒラタ♂蛹


まだ固まり具合が甘いので、後1週間くらいしないと人口蛹室へのお引越しは無理ですね。

しかし、スマトラヒラタは太くて、デカイですね ^^b


ま~我が家のスマトラヒラタはミドルサイズではありますが・・・

毎年の如く・・・87mm~88mmくらいの羽化サイズと予想します。



続いて

早期羽化した 「久留米マツノ血統」 個体が、羽化後14日たちましたので測定しました。

体長は77.5mm

お尻はほぼ格納され切りましたが、まだお腹に赤みが残っていますので確定とは言えませんね。

ですが、ここから縮みが有ったとしても77mmはキープ出来ると思っています。

写真を・・・


久留米マツノ血統♂

久留米マツノ血統♂1

久留米マツノ血統♂2


ノギスを当ててる写真をUPしたかったのですが・・・

デジタルでないので見えづらて ><


しかし 「久留米マツノ血統」 おそるべし!!

蛹体重19gで77mmupまで伸ばしてこようとは・・・


今後が楽しみです。





来週はいよいよも見頃に・・・

早く花見がしたい sel928 でした。

育成方法と菌糸

 <2012.07.02>





7月になりました。

今日は、今期の育成方法と菌糸について考えたいと思います。



まずは、今期育成方法としまして・・・

1本目菌糸瓶投入ですが

どのタイミングで800CCに投入して行くのか?

昨年までは、プリンカップ200CC菌糸を・・・食い尽くすが目安で

の場合 12g~18g

の場合 7g~11g

上記g数くらいで1本目800CC菌糸瓶に投入していました。


今期は、割り出し後一時保管用菌糸カップに入れて飼育し

割り出し時の幼虫の大きさから逆算して

3令初期 (加齢後5日~10日) を割り出し、

そこを800CC菌糸への投入タイミングにしようと考え実行しています。


♂3令初期幼虫


写真の幼虫くらいの大きさを、1本目投入へのベストタイミングと考えています。


昨年度は、幼虫飼育数も300頭に近づく勢いで、期待値の低いラインは

お世話も疎かになり、200CC⇒800CCで羽化を促すラインもありました。

菌糸の劣化もひどく、ダニや朽木ハエなども発生してしまい大変な思いをしました。


今期は、 「大型血統」 がメインですので飼育計画を立て

は 800CC⇒1400CC⇒1400CC の3本

は 800CC⇒800CC の2本

で、羽化まで導いて行きたいと考えています。


ここで菌糸の話になるのですが・・・

幼虫を投入して食い尽くされた状態を除き、

菌糸瓶交換タイミングは投入期間での管理になるのが普通だと思います。

しかし、いわゆる 「居食い」 状態に幼虫があった場合

菌糸交換タイミングが大変難しくなると思います。


昨年度の 「大型血統」 幼虫達は、早期羽化個体を除き

現在も幼虫をしているのがほとんどで蝕痕さえ出て来ません。

当然、蛹室をつくっているのか?羽化したのか?の確認も非常に難しい状態です。


この様な事から・・・

菌糸の保ちを良くする方法を考えています。


菌糸の劣化の原因は・・・

1. 浅詰めによる菌糸が痩せ、菌糸瓶と菌糸の間に空間が出来る。

2. キノコが発生し腐敗などによる劣化

3. 2に伴いダニの発生からの劣化

4. 朽木ハエの発生に伴う劣化

5. 熱による劣化

6. 自然劣化

などが考えられると思います。


実際、菌糸はどれくらいの期間保つのか??

それは千差万別でこれだけ保つと断言する事は出来ないと思います。


1~5の原因は手入れ次第だと思いますが・・・

やはり・・・こまめに手入れする以外に方法が無いのですかね~


今期は蝕痕の状態や期間なども考慮し

菌糸交換のベストタイミングを模索する事と、菌糸瓶の保ちを良くする!!

を、課題に努力して行きたいと思います。


また、 「居食い」 に付いても考えて行きたいと思います。





sel928 でした。
プロフィール

sel928

Author:sel928
ニック:sel928

年齢:40代
職業:自営
趣味:オオクワガタ飼育
    MMO眠らない大陸クロノス
    筋トレ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
リンク用バナー
リンク用バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。