スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何と!!

 <2012.05.28>





早いですね~

後4日で5月も終わりです。

「クワ友さん」 & 「相互リンク」 してくれる方を募集中の sel928 です。


本日は、昨年並びに今年1月に報告していた 

「期待の幼虫群」 「S.sel.SE」 の幼虫1頭の菌糸交換を5月25日に行いましたので報告します。



「S.sel.SE」 は、2011.6.21割り出しと08.01割り出しの幼虫達でA.Bライン(1番2番)があります。

前回までの菌糸交換(200CC⇒800CC⇒800CCor1400CC)状況としては

Aライン(1番) 2011.06.21割り出し NO1~NO10 5頭 5頭

 24g×1 21g×2 20g×2


Bライン(2番) 2011.08.01割り出し NO1~NO26 16頭 10頭

 26g×3 25g×3 24g×1 23g×3 22g×3 21g×3

A.Bラインどちらのも、一部のみ3本目に移行していますが

具体的な数値は最終確認が(200CC⇒800CC)の物と(200CC⇒800CC⇒800CC)の物が

混在している為公表は致しません。(かなり大きく育っていますが・・・)



上記のような状況から、割り出しから11ヶ月を過ぎましたので

菌糸表面の劣化がひどかったAラインの24g幼虫の菌糸瓶を様子確認の為交換しました。

交換結果ですが!!


S.sel.SE ♂31gAライン

ラベル


何と!!

昨年から始めた 「大型血統」 をブッチぎって

31gの自己幼虫新記録を叩き出しました!!


確かに、3令初期から頭幅が有り 「期待の幼虫群」 として紹介して来ましたが・・・

ここまで伸びるとは考えていませんでした。


羽化時に 「縦」 に出るのか 「横」 に出るのかが大きな分かれ道ですね (^^;



続いて・・・

遊びでブリードしてました 「コクワガタ」 達が羽化ラッシュに入りました。

菌糸作成時に失敗した菌糸瓶に入れておいたのですが・・・

何と!!

♂の1頭が、まだお尻が少し出ていますが53mmとかなりの大型に羽化しました。


大型コクワガタ


縮みを考えると、52mmくらいで固まりそうです。





大型血統の羽化が待ち遠しい sel928 でした。
スポンサーサイト

銚子YG割り出し!!

 <2012.05.21>





前回、報告しました通り

「銚子YG血統」 の産卵セットを昨日割り出しましたので報告します。



種親 銚子YG77.5mm×銚子YG51.5mm (旧847系)INブリード


産卵セットの流れは・・・

2月中旬ペアリング開始⇒3月7日投入⇒4月2日取り出し⇒5月20日割り出し


まずは、産卵セットの状態を・・・


銚子YG産卵セット 銚子YG産卵セット中身

銚子YG産卵セット中身1 銚子YG産卵木


良い感じに蝕痕が噴き出しています。


早速、産卵材を割って行くと・・・

いました !!


銚子YG幼虫 プッチ;;


割り出して行く途中で節の部分があり1頭の幼虫をプチっとやっちゃいました (ゴメンネ(;;

材からは、1令中期 5頭(内1頭はプチ)無精卵(だと思う)1個

結果的に4頭の幼虫を割り出しました。


蝕痕の割りには少ないように感じますが (^^:


今年の産卵セットは

幼虫が産卵材を捨てても良い様に、予め菌糸で床を組んでいました。



それでは、産卵セットの底を・・・


銚子YG容器底


結構な数の幼虫が確認出来ます !!


実は、この中に3令に加齢してもおかしくない幼虫がいまして・・・

今回の割り出しを決意しました。


では、菌糸を暴いて行きます。


銚子YG幼虫ダブル 銚子YG幼虫お尻


これが割り出しを決意させた幼虫です。


銚子YG幼虫最大


菌糸からは

2令中期 3頭 2令初期 2頭 1令後期 4頭 1令中期 5頭を割り出しました。


材+菌糸で幼虫19頭(内1頭はプチ)無精卵 1個 20頭の割り出しです (少し少ない様な(^^;

結局管理総数は18頭となりそうです。


個別に一時保管用のプリンカップに収容して800CCへの投入を待ちます。


銚子YG証明書



また、銚子YGも十分に休養を取りましたので2回目の産卵セットを準備しています。



それから・・・

今年は、昨年までの飼育方法に修正を加えて行きたいと考えています。

修正点については今後報告して行きたいと思います。





話は変わりますが・・・

「クワ友さん」&「相互リンク」 をして下さる方を募集します。

コメントより御一報下さい。

ヘッポコブリーダーではありますが、楽しく交流出来る事を希望します。

宜しくお願いします。





sel928 でした。



またしても!!

 <2012.05.19>





昨日、久しぶりに飲みに行ってきました。

少し二日酔いぎみの sel928 です。




今回は、昨日行ないました 「信梅82アウト」 ♀群の菌糸交換状況と

久留米マツノ血統の前蛹だった幼虫が 「蛹化」 しましたので報告します。




まずは、 「信梅82アウト」 8頭の菌糸交換です。

ズバリ幼虫自己ギネスを軽くぶっちぎって頂きました!!


では・・・幼虫自己ギネス更新から


信梅82アウト♀No11 16g


16g!!


昨年までの幼虫ギネスは 「超阿古谷E血統」 の14gでしたので2gも更新しました。

上記 「超阿古谷E血統」 の羽化サイズは50.5mmでした。


自己ギネス更新幼虫がこのまま羽化まで持って行けたら・・・

予想羽化サイズは52mmUPだと思います。


それでは 「信梅82アウト」 幼虫菌糸交換結果を・・・

16g×1 14g×2 12g×2 11g×2

そして・・・

早期羽化個体が1頭出てしまいました!!

幼虫番号 No12


信梅82アウト♀早期羽化信梅82アウト♀早期羽化1


信梅82アウト♀早期羽化個体


見ての通り、菌糸中央に蛹室を作っていましたので羽化してるとは予想もしていませんでした。


最初、この個体をみた瞬間

50mmUP?? 的な感じだったのですが・・・(とにかく太かったので)

ノギスをあてたら、お尻のはみ出しを入れて50mmUPの状態で

縮みを考えると48mmくらいに落ち着きそうです。



続いて

前回報告していました 「久留米マツノ血統」 の前蛹が蛹化しました。

これです!!


久留米マツノ血統♂蛹


久留米マツノ血統♂蛹1


幼虫時の特徴として体長が長いと記されているのですが・・・

前回蛹化した個体と比べると・・・

全然太いです ><


予想羽化サイズは76mmUPくらいではないでしょうか?

楽しみです。



すべての 「大型血統」 の幼虫達の羽化が待ち遠しいですね。





明日くらいに 「銚子YG」 の割り出しを考えています。

これから菌糸詰めをする sel928 でした。


久留米マツノ血統 早期蛹化!!

 <2012.05.13>





早いものです。

ゴウルデンウィークが終わり1週間が過ぎました。

少し疲れが溜まっている sel928 です。




今日の報告は・・・

久留米マツノ血統1頭が蛹化してしまいました!!

4月初旬に菌糸瓶を800CCから1400CCに移行しようとした矢先に蛹室を作られてしまいました。 ><

仕方なく見守ってきたのですが・・・



5月10日に無事蛹化したものの・・・蛹室の位置が・・・

これです ><


久留米マツノ♂蛹


あまりにも蛹室が底過ぎまして ><

菌糸瓶を逆さにして保管して来ました。

!!

初の久留米マツノ血統と言う事もあって・・・

誘惑にも負け、救済と言う名のもと人口蛹室にお引越しさせました。


久留米マツノ♂人口蛹室へ


割り出し日が2011.09.27でしたので8ヶ月未満での蛹化です。


管理シールにも書かれていますが、

この蛹は菌糸瓶800CCに移行する際の、幼虫時の特徴として体長が短いと記載があります。

蛹化した姿を確認してうなずけました!!

少し頭が大きいような気がします!!

これです!!


久留米マツノ♂蛹1


いかがでしょうか。

蛹の体重は18gです ;;

予想羽化サイズは・・・

74mm前後でしょうかね ^^;

6月10日くらいが羽化時期だと思います。

楽しみに待ちたいと思います。


ここで、久留米マツノ血統の菌糸交換状況ですが・・・

10頭中

蛹×1 前蛹×1 2頭が早期羽化グループ

残り8頭は(200CC⇒800CC⇒1400CC)と移行されました。

気になるg数ですが・・・

27g×1 26g×2 25g×1 24g×4

でした。

ここから、後少し伸びてくれると良いのですが ^^;






それではまた ^^ノシ

sel928 でした。

信梅82アウトライン!!

 <2012.05.04>





早いものですね。

あっと言う間に5月になっちゃいました。

皆さんゴールデンウイークは満喫してますか?

連休を返上して菌糸瓶詰めに励んでいる sel928 です。



今日は 「大型血統」 の菌糸交換を行ないましたので報告します。


交換したのは・・・

久留米マツノアウトライン NO1 NO2

信梅82アウトライン NO2 NO9

上記4頭です。



久留米マツノ

NO1 26g 

NO2 24g

と、まずまずの育ち具合でした。



続いて・・・信梅82アウトライン 未交換2頭 NO2 NO9

菌糸には蝕痕がほとんど見られず交換するのを躊躇してきた2頭で、このまま引っ張るのもどーかと思い

思い切って交換を実施しました。

蝕痕が見られなかった訳は・・・

見事なくらいの居食い状態だったからです。


どちらの幼虫も200CC投入時、初令中期で800CC投入時は18gと

200CCでここまで育つのか!!と考えを一新させられた幼虫でした。

では・・・測定結果の写真を


信梅82アウト NO2

信梅82アウト NO2♂


ついに出ました。幼虫新記録の30gです!!


続いて・・・NO9

信梅82アウト NO♂


こちらは表示こそ29gですが、29gと30gを行ったり来たりする状態で

限りなく30gに近い29gです。



前回もお話しましたが、やはり80mmUPに一番近い血統だと思います。

私の様な、大型血統初心者でも30g↑の幼虫が出てくるとは・・・

掛け合わせの大切さと、素質の見抜き方がいかに重要かを思い知らされます。


信梅82アウトは割り出しが2011.09.25日でしたので定温管理で後少し伸びて欲しいものですね。





では ^^ノシ

sel928 でした


プロフィール

sel928

Author:sel928
ニック:sel928

年齢:40代
職業:自営
趣味:オオクワガタ飼育
    MMO眠らない大陸クロノス
    筋トレ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
リンク用バナー
リンク用バナー
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。